FC2ブログ

生け花

 今日はお休みなので用事をすませてから玄関のお花を生け変えました。何しろお正月に生けた梅と南天の花の残りで今日まできました。梅の蕾が開くようにと願っていたのにとうとう駄目でした。それでも小さな蕾のまま今日まで待ちましたがもう限界のよう、そこでやっと玄関のお花もかわりました。我が家では開いてくれませんでしたが、今年は梅の花を堪能したのでいいことにします。

 080103正月 014ブログ


 これが下のようになりました。

 080220はな 001ブログ

 小さな梅の蕾が見えますか?毎日毎日見続けました。希望の花でした・・・。

 080220はな 003ブログ

 はんの木の枝にゼンマイそして庭に咲いた水仙・・・早春の感じに・・・
 今年は水仙の花が少ししか咲いてくれませんでした。それでもビオラと共に貴重な冬の庭の明かりになってくれています。感謝しなければ。チューリップも少しのびてきました。楽しみです。

 

 

 
スポンサーサイト



未分類

節分のなごり

 これまた思わず吹き出しました。娘が職場の先輩さんからいただいたと持ち帰った物・・・分の豆、鬼の足とやらの飴、しかし鬼の足なんて良く考えつくものだなとつくずく感心しました。 そう思いませんか?一緒に笑ってください。

 080219雑貨 009ブログ

 
 いくら飴が好きでもすぐには食べられないですね、しばらく飾っておこうと思います。
 でも不思議な物で、いくら飴といえども足を想像してしまいー鬼は裸足だーほこりっぽくはないかな?汚れてはいないかな?変な物をふんずけてはいないかな?なんてよけいなことばかり頭をかすめてあまり深く考えると食べられなくなりそうなのでユニークな飴でとめておきます。面白い飴と豆、ありがとうございました。

未分類

いただきもの

080219雑貨 005ブログ

 職場の友人から長崎のお土産をいただきました。いつも気を使っていただいて申し訳ないなと思いながら時々頂き物をします。
 ハウステンボスのお土産です。何て可愛いこと! 思わずニッコリ! いくつになってもこんな可愛い物にはついつい目がいきますね。 ありがとうございました。うれしかったです。

 080219雑貨 002ブログ


 080219雑貨 003ブログ


とても可愛いので私のパソコンテーブルの上に飾っておきます。パソコンを打つ前にニッコリ微笑み返してから・・・ということになりそうです。


 

未分類

プレゼント

 2月17日は夫老松の誕生日でした。年を重ねると、おめでとうとは言って貰いたくない様な言って貰いたいような複雑な感じです。一応いっておきましたが・・・。我々夫婦間では何もプレゼントなんてありません。何しろ老松は私の誕生日なんて30年以上忘れ続けてくれるほど、だからということではありませんがお互い健康で過ごせることがお互いのプレゼントと思っていますから・・・。
 ところが娘はいつも我々には気を使ってくれます。今回も映画のチケットをくれました。今まで2人で映画を見に行った事なんてありませんでした。子供が小さい頃に1度連れて行ったことがあるのと、数年前に娘に誘われて娘と2人でいったくらいです。映画は専らテレビでビデオにとってみるのが専門みたいに・・・。1年間有効らしいので楽しみにしています。ーありがとうー

 080219雑貨 007ブログ


 追伸・・・年金を貰う年齢になると誕生日の前に(我が家には昨年の内に)市の「介護長寿課」からお便りがきます。  笑うに笑えないけど思わずわらいました。というより笑わずにはいられない感じになりました。私の時にはこの「介護長寿課」の文字は遠慮でなく本心からご遠慮申し上げたいと思っています。「年金のご案内」位でどうでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

月暦

月暦 2月玄関

 2月になったらとても寒くなりました。毎日冬を感じています。宮崎は暖かい日が多いので寒い日が続くととても体にこたえます。そんな寒さの中、私の大好きな「梅の花」が咲くのでそうそう嫌いにもなれません。

 080209玄関 002ブログ

 何となく寒々とした玄関に庭に咲いた水仙を1輪さしてみました。今年は花付きがあまり良くなかったけれど、まあそれなりに楽しんでいます。

 080209玄関 001ブログ

 寒い中、焚き火を囲んでなにやら楽しんでいる様子・・・焼き芋なのか内緒話なのか子供たちの笑い声がもうすぐ聞こえそうだわなんて思いながら作ったものです。バックに梅の花を刺していますが、少し見ずらいですね。


 これで1年間の月暦が終わりました。今週でブログを始めて1年になります。初めの頃は時間ばかりかかって先に進めなくて、肩がこり目が痛くなり、やっと打った文字も一瞬のうちに消してしまったり、失敗の連続でした。 が何とか続けています、脳の活性化のためにこれからもボチボチ楽しみたいと思います。皆さんどうぞよろしく

お出かけ

梅見物 (3)

 今回3度めの梅見物です。今回は近くの「市民の森」にある梅園、ここは木の高さが丁度いい感じで散策にはお勧め、しかも紅梅、白梅、たくさん楽しめます。あまりの美しさに老松はデジカメの撮影場所取りに大忙し、「もういいよ」の声も聞こえないのか「ここからもきれい」なんて言いながらバチバチ撮ってくれました。一部をお披露目します。

 080208梅 007ブログ


 080208梅 008ブログ


 080208梅 001ブログ

 まさに純白、ひときわ目をひきます。見とれてしまいます。

080208梅 004ブログ

 これが又美しさを放っていました。このままこの枝を家に飾りたいほど・・・。

 080208梅 013ブログ

 傍に椿の木が・・・とても可憐な可愛い花です。白い椿、好きなんです。

 今年も大好きな梅に出会えてとってもとっても嬉しかった。花期はほんのひと時だけれど、忘れずに季節と共に私たちを楽しませてくれるのだから本当に感謝感謝です。

お出かけ

梅見物 (2)

 またまた新聞の記事を目にして、梅の名所ー座論梅ーを見に行ってきました。国指定天然記念物でもあります。樹齢600年もの梅木。1本の木から枝が伸びそれが地に着き根をはってつぎつぎに花を咲かせたと言われるほどに、なるほど木が上に伸びずに、横に張った感じで見ごたえ充分ですし珍しい風情のある梅見物となりました。

 080206梅 006ブログ

 080206梅 004ブログ

 080206梅 002ブログ


 古い古い木ですから幹の部分には苔がびっしりまさにkokeumeが苔梅を見るにふさわしい情景でした。根元の幹は大きく割れて枯れているかのようなのに枝先には沢山の花を付け、本当に自然のおりなす美とは素晴らしいなと老松共々感心しきりの梅見物でした。

お出かけ

梅見物 (1)

 先日の真冬のフラワーショウの帰り道、テレビのニュースで自然休養村の好隣梅が映し出されたので、それではと早速行ってみました。ここは何度か行ったけれどいつも丁度いい時期にあたらず、あまりいいイメージのない場所、しかし今回は大当たり!みごとでした。

 080203花 021ブログ

 ここから上に登っていくとまだまだ沢山の梅の木があります。でも今はまだ少し早い感じ。筋肉痛になる前にやめておきました。車でも途中までしかいけません、健脚の方にはお勧めかも。

 080203花 024ブログ

 ピンクの梅より白い梅がすきなんですが今回初めてピンクもいいなと思いました。がやっぱり純白の梅が1番好き。しかも蕾も少しあるほうが趣があると思っています。今回はまさに思いのままでした。

 ume.jpg

 そして又、梅にウグイスとはいきませんでしたがメジロがたくさん遊んでいました。これがまたとても素敵なんです。ちょっともじっとせずに蜜を吸っていくので写すのに大変、白梅にこだわる私はメジロがピンクの梅に止まったところしか写せなかったのにほんの少しがっかり

お出かけ

真冬のフラワーショウ

1月最後の日曜日、仕事が終わってから老松と青島の亜熱帯植物園真冬のフラワーショウに行って来ました。今年で2回目、寒い花のないこの時期にチューリップを外で咲かせようという取り組み、今年は又数が増えて寒さを忘れるほどの美しさでした。宮崎は花の似合う所です。これから先チューリップの下草の間から色んな花がさいてくるので2回楽しめます。昨年も2回行きました。春先の有名なフラワーショウより私は自然に咲かせている感じの草も適当にあるここのほうが好きです。宣伝料を貰わねばというほどいろんな人に教えています。

 080203花 007ブログ


 080203花 002ブログ


 080203花 017ブログ

 ここではあの有名な東国原知事がにこやかにお出迎えして下さいます。寒さをものともせずにハッピ姿で宮崎をアピールしていますよ。

 080203花 014ブログ

 やはりメインはなんといってもこのチューリップの小道、広い広い敷地に見渡す限りチューリップの花、花、花、たくさんの木々の下、実際はもっともっとすばらしいです。

 080203花 010ブログ

 この中にめずらしい木があります。アコウの木です。これはもともとは2本の木でしたが、成長するうちに1本になったということです。そこでこの木の名前を公募して付いた名前が「絆」・・・納得です。昨年の今頃は名前を公募中でした。ちなみにこのすぐ先に青島神社があり縁結びの神としてもしられているので何だかつながりを感じないわけでもなさそうな・・・。

 080203花 012ブログ

 ついでにこれまた有名な青島海岸の「鬼の洗濯岩」です。花を見ながらそのまま奥にいくと海、景色もいいよ! 風が冷たかったけど・・・。

 

 

 

 
プロフィール

kokeume

Author:kokeume
広い庭いっぱいに花が咲き乱れた小さな家で、
趣味にお喋りに時を費やせたらと夢見ています。

コメントご自由にどうぞ。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Page Top